おすすめアンケートサイトの月収はどのぐらい?

アンケートサイトでアンケートモニターになることで、ある程度のお小遣い稼ぎやへそくり作りが出来ます。サイトへの登録は無料で簡単にモニター登録が可能です。

 

では、どのように月収を得ていくのでしょうか。

 

答えはシンプルに「アンケートに回答する」です。

 

ですが、ここにも少しのコツで金額は大きく変わってきます。コツを実践すれば、月に数万円ぐらいの副収入が入っているといった方もいます。

 

つまり、「普通にやっている」か「ちょっとしたこと意識して行っている」かで月収はだいぶ差が生まれてきます。

 

ここでは、ちょっとしたコツなどを紹介していきたいと思います。

登録おすすめサイトは?


▲▲無料登録はこちらから▲▲

infoQ新規会員登録

▲▲無料登録はこちらから▲▲


何をすればいいのか?


アンケートモニター登録をした後は、自分のスキマ時間を利用して調査依頼に回答していけば、ポイントや現金での謝礼を受けとることが出来ます。内職のようにノルマはなく、アルバイトやパートのように時間拘束はありません。空いた少しの時間にちょっと行えば、お小遣い稼ぎやへそくり作りに最適です。

 

ですので、今要チェックの副業といえます。また、スキルや専門知識も必要なく、PCやスマホ等のインターネット環境さえあれば、気軽にはじめることも出来ます。

 

要チェックの副業の要因で一番大きいのが、費用が掛からないということです。モニター登録はどのサイトも無料で、年会費等の費用も一切かかりません。(逆に、費用が掛かるところは怪しんでください)

お金がどうして発生するのか?


ここでちょっと疑問は、「お金がどうして発生しているのか?」ということです。

 

現在、社会では数多くの商品やサービスがあります。それに伴って、消費者のニーズも多種多様でありニーズに合う商品やサービスを作っていくためには市場調査を行って、社会のニーズを知る必要があります。そして、ニーズに合った商品開発やサービスの提供が行われることが多くなってきています。

 

つまりは、市場調査を行わなければ社会に根付く商品やサービスの提供が難しくなってきている言えます。

 

そこで、企業や団体等はリサーチ会社に費用を払い調査依頼を出して、社会の動向等のリサーチを行います。ここでのリサーチ対象はアンケートサイトに登録しているモニターに行います。

 

調査依頼に協力していただいたアンケートモニターに対して、リサーチ会社は対価として「ポイントや現金」を謝礼として支払います。

 

つまり、モニターに対しては謝礼という方で報酬がっ支払われるということです。

月にどれぐらい稼げるのか?


アンケートサイトと言われると、コツコツ調査依頼に回答を行っていくようなイメージを持っている方が多いと思います。間違ったイメージではありませんが、それはネットで完結するタイプのアンケートで謝礼単価は数円~数十円ぐらいのものが多くなっています。

 

このため、ネット調査だけを行っていても月に数千円ぐらいの稼ぎしかありません。アンケートモニターでのお小遣い稼ぎやへそくり作りの金額としては、物足りないと感じる方も多いと思います。

 

ここで、ちょっとしたコツを意識しているかで月収に大きく差が出てきます。

 

それは、「会場調査」や「座談会」といった高額の調査依頼を行っているかということです。会場調査・座談会の謝礼単価は時給換算で3000円~5000円ぐらいになるものが多くなっています。これ以上の謝礼単価になる案件もありますので、ここへの参加で収入の差は大きくなります。

 

パート・アルバイトと比較しても相当割がいいと思います。

 

会場調査や座談会の謝礼の相場としては、6,000円~10000円の案件が多く、月に2・3回参加出来れば、月収は2~3万円ぐらいの稼ぎも十分に可能です。

 

パートやアルバイトするように、ちょっとした収入を手に入れることが出来ます。

アンケートサイトに登録しても大丈夫なのか?


アンケートモニターがどのようなもので、どのようにお金が発生するのかは、ある程度理解していただいたと思います。次に心配になることは、安全性ではないかと感じます。

 

事実、アンケートサイトへの登録には、メアド・性別・生年月日・住所・電話番号等の個人情報の登録が要ります。

 

個人情報の登録に関しては、調査依頼の内容によって配信するモニターを決定する為に必要になります。例えば、「地域が指定されている調査依頼」や「性別と年齢が指定されている調査依頼」等のように調査精度を上げる為に、配信するアンケートモニター決定には必要な個人情報になります。

 

この要素が一番大きいものではありますが、調査精度を上げる為に重複や不正対策の側面や貯まった謝礼ポイントを交換する際には発送にも利用されています。

 

個人情報の登録の必要性は、わかっていただいたと思いますが、安全性の説明にはなっていませんよね。

 

では、個人情報はどのように守っているのか。

 

アンケートサイトにおいては、「プライバシーマーク」等の個人情報の管理や運用に関しては、第三者による認定を受けているサイトがほとんどです。逆に、第三者による認定を受けていないサイトは登録は見送るべきです。

 

このサイトで紹介しているおすすめサイトは、この辺りはシッカリと出来ていますので、安心して登録をすることが出来ます。

調査依頼の種類はどんなタイプがあるか?


アンケートサイトで配信される調査依頼はテーマや内容は多種多様で、調査依頼の種類も様々な形で行われています。すぐに参加可能なネット調査は謝礼単価が低くなってしまいます。

 

稼ぐコツとしては、ネット調査に加えて「会場調査」や「座談会」といった指定の場所で行われる高額調査案件にうまく参加していくことです。

ネットアンケート

ネット上で完結するタイプの調査です。所要時間が短く簡単に出来る調査であるため、貰える謝礼は少なくなっています。長所は、スマホなどからどこででも回答が可能なことです。

会場調査

多くは新商品の試食・試飲・試用といったものになります。試食・試飲・試用後にアンケート回答や感想を調査していきます。所要時間は30~60分ぐらいで3000円~6000円程度の謝礼が貰えます。相当割のいい調査になりますが、指定の会場に行く必要があります。

座談会(グループインタビュー)

指定の会場に5~8名程度が集まり、司会者の質問に沿って普段の生活のことや要望等を回答していく調査になります。所要時間は90~150分ぐらいで6000円~15000円程度の謝礼が出ます。高額謝礼がでる調査案件です。

個別インタビュー(デプスインタビュー)

読んで字のごとく、アンケートモニターに対して個別に行われるインタビュー形式の調査になります。座談会よりも、深堀りしたないようの調査になります。個別になる分、色々なことが質問されますが、その分8000円~20000円程度と謝礼は期待できます。見つけた際は、必ず応募したいおすすめ調査です。

訪問インタビュー

アンケートモニターの自宅に調査員が訪問して、商品が生活でどのように利用されているかを実際に確認しながら、インタアビューを行っていく形式の調査になります。所要時間に関しては、その都度といった感じですが、10000円~20000円程度の謝礼が出る高額な調査案件になります。自宅での調査になりますので、主婦等におすすめの高額調査案件です。

ホームユーステスト(商品モニター)

自宅に調査対象の商品等が届き、利用後に調査に回答する形式の調査になります。所要時間は、調査依頼によりけりになります。謝礼に関しては500円~2000円程度が貰えます。発売前の商品を利用できますので、新商品好きにはおすすめの調査になります。

覆面調査(ミステリーショッパー)

一般客になり、接客やサービス等の指定調査項目をチェックしていく調査になります。大体が、飲食店でありかかった飲食代+謝礼が数千円が謝礼の相場となっています。

郵送調査

自宅に調査用紙が郵送され、回答後に返送するタイプの調査委になります。謝礼は500円~1000円程度となっています。現状、ネットが発展したためこのタイプの調査は減っています。

モニターサンプリング

商品サンプルを無料で利用していただいた後に、利用後の感想やアンケート回答を行う調査になります。謝礼は数百円程度になっています。

稼げるアンケートモニターになるには?


①登録情報はシッカリと入力

アンケートモニターに配信される調査依頼は、性別・年齢・住所などの基本情報や結婚の有無・飲酒の有無・喫煙の有無など登録している情報を元に、色々な条件から配信されるモニターが決定しています。登録情報をシッカリと入力しておけば、該当する調査依頼も多くなりますので、出来るだけ漏れなく登録情報は入力しておいてください。

②調査依頼やメールをシッカリとチェック

通常の調査は、「事前調査」と「本調査」に分かれています。事前調査に回答し調査対象者に該当すると、単価が高くなる本調査に進むことが出来ます。調査に関しては、必要な回答数が事前に設定されており、予定数に達すると期日前でも終了となります。ですので、調査依頼やメールはシッカリとチェックを行い、回答できる調査依頼を増やしていくことが重要になります。

③調査には正直に回答

調査に回答した情報は、調査担当者によってチェックしたうえで、纏めてからクライアントに届けられます。適当な回答や内容が矛盾しているなどの回答は、情報としてクライアントに届けることはできません。このようなことが度々あると、調査依頼の配信が停止されたりされますので、注意が必要になります。ただ、正直に回答していればこのような事態は起こりませんので、必要以上に心配することはありません。

④会場調査・座談会には積極的に応募

会場調査や座談会等の参加型の調査はネット調査と比較すると、企業や団体が調査による情報を得る為には費用が非常にかかる調査でもあります。ですので、募集人数には制限があります。また、高額の調査案件でもありますので、モニターにも人気の調査で倍率も高いこともあり、絶対に参加出来るということではありません。ただ、参加出来れば高額謝礼ゲットのチャンスです。話すのが苦手な方や参加することに躊躇している方は応募自体をしないといった感じになりがちですが、消費者としての意見や要望などを自分の言葉で伝えればなんの問題もありませんし、専門的なことは必要ありません。このタイプの調査は見つけた場合は、必ず参加できる調査ではありませんのでとりあえず応募しておくことをおすすめします。

アンケートモニターとしての注意点は?


副業としてアンケートモサイトと考えている方で、毎月ある程度のお小遣い稼ぎやへそくり作りをしようと思った時には、調査依頼が減らないようにする必要があります。

①虚偽回答やなりすましはしない

調査依頼に多く参加しようとするために、虚偽回答や他人になりすまして回答すると、回答と登録情報等に矛盾が出てきます。矛盾回答が多いと、調査依頼数が減ったり停止されたりする可能性が出てきますので多く回答したいからといって、虚偽やなりすましは行ってはいけません。

②調査内容を家族や知り合いに言わない

調査内容には、企業が未発表の情報が含まれています。商品やコンセプト等です。ですので、調査に使用されている画像等の情報は家族や知り合いに伝えるやSNSやブログで発信する等はいっさい行ってはいけません。

③参加出来ない調査依頼には応募しない

会場調査や座談会の参加型の調査は抽選により参加者を決定します。よほどの理由がない限りは、参加することが必須になります。ですが、基本は電話での参加確認がありますので、とりあえず応募のスタンスでもいいと思います。また、応募したからといって絶対いけるわけでもありませんので、応募は多くすることがおすすめです。しかし、絶対してはいけないことはドタキャンです。これをやってしまうと、その後会場調査や座談会に行けなくなる可能性があります。もし、参加意思確認後に行けなくなった時は、余裕を持って事前に連絡する必要があります。

まとめ


アンケートサイトはいつでもどこでも出来て、パートやアルバイトよりも気軽にはじめることができると思います。

 

お小遣い稼ぎやへそくり作りをしようと考えるのであれば、回答は正直にすることで、調査依頼数が減ったり停止になったりしないことも重要になってきます。また、正直に回答することでアンケートモニターとしての信頼度を高めていけば、会場調査や座談会といった高額調査案件にも多く参加できるようになります。

 

そうすれば、月収で2~3万円程度も難しくありません。

 

ただ、誰でも気軽にはじめることが出きる分、稼ぐコツを知っているかどうかで、収入は大きく変わってきます。

 

上に記載した以外のコツとしては、「複数サイトに登録して高額調査案件(会場調査・座談会)に応募できるだけする」といったものもあります。

 

あとは、実際におすすめサイトに登録してみて、実践から学んでいただければと思います。登録は無料で費用はかかりませんので、初めてみてしっくりこなければやめればいいと思います。

会場調査・座談会のあるサイトは?


D style web 会員登録プロモーション

▲▲無料登録はこちらから▲▲

▲▲無料登録はこちらから▲▲


月収ワード

月収収入訪問調査アンケートバイトバイト比較一覧アンケートバイト比較一覧月収覆面調査収入ミステリーショッパーアンケートモニターランキング掛け持ち複数登録副業当たる当選確率へそくりサイト当たらない参加確率稼ぐ稼げる稼げないグループインタビューお小遣い稼ぎサイト