アンケートサイトリサーチパネルポイント交換先!!おすすめはどこか?

おすすめアンケートサイトリサーチパネルでポイント交換
リサーチパネル

「リサーチパネル」からのポイント交換についてはやや面倒といった感じになっています。

 

「リサーチパネル」でポイントを獲得すると、ポイントサイト「ECナビ」に自動的にポイントが合算されます。また、ポイントサイト「ECナビ」からのポイント交換はついては、ポイント合算サイト「PeX」への交換のみとなっています。

 

つまり、実質的には「PeX」からのポイント交換となるということです。

 

リサーチパネルからのポイント交換については、ほかのアンケートサイトと比較するとややポイント交換は面倒になっています。ただ、「ECナビ」「PeX」の運営企業については、「リサーチパネル」と同様のグループ企業が運営しており、会員登録自体はリサーチパネルの登録情報で出来ますので、いくつもの入力を行う必要はありません。この点については、いい部分と言えます。

▲▲無料登録はこちらから▲▲

リサーチパネルのポイント交換先


「リサーチパネル」からポイント交換は、実質「PeX」からとなっています。ただ、PeXからのポイント交換になる分、ポイント交換先の選択肢はほかのアンケートサイトと比較しても多めとなっています。

  • 現金(銀行振込)
  • ギフト券
  • 電子マネー
  • 提携ポイント
  • マイレージ
  • 仮想通貨
  • その他交換先

といった感じの系統のポイント交換先があります。

 

ただ、PeXの場合は交換先によっては手数料がかかりますので、この点は交換の時に注意が必要となっています。

現金(銀行振込)に交換

現金(銀行振込)への交換先としては、

  • 楽天銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • PayPay銀行
  • SBI住信ネット銀行
  • その他銀行

以上の銀行振込が可能となっています。現金への交換の場合は、手数料が50円~200円必要となります。

交換先 最低交換金額 交換手数料 交換期間
楽天銀行 500円 50円 リアルタイム~数時間
ゆうちょ銀行 500円 50円 25日~55日
みずほ銀行 500円 50円 25日~55日
PayPay銀行 500円 100円 25日~55日
住信ネット銀行 500円 50円 25日~55日
その他銀行 500円 200円 1日~7日

現金への交換である銀行振込については、50円~200円のポイント交換手数料が必要になります。

 

交換時間等を考えると、ネット銀行である「楽天銀行」への交換が一番早く、交換当日には振り込みが完了しています。また、手数料の50円分のポイントとそこまで高くはなっていません。

 

また、その他銀行への交換に関しても200円の手数料がかかるもの交換期間としては最大で1週間程度となっており、銀行振込までの期間は短くなっています。

ギフト券に交換

ギフト券への交換先としては、

  • Amazonギフト券
  • cecile
  • BELLE MAISON
  • V-プリカ
  • nissen
  • JCB PREMO

以上への交換が可能となっています。手数料は無料~100円かかる交換先まで様々ではありますが、ポイント交換することで増額されるお得な交換先もあります。

交換先 最低交換ポイント 交換手数料 交換期間
Amazonギフト券 980ポイント(100円)  無料 リアルタイム~7日

cecile

1000ポイント(100円) 無料 1日~7日

BELLE MAISON

1000ポイント(100円) 50円 2日~4日

V-プリカ

5000ポイント(500円) 100円 7日

nissen

5000ポイント(550円) 無料 1日~40日

JCB PREMO

4950ポイント(500円) 無料 7日

ギフト券への交換については、ポイント交換することで増額される交換先も用意されています。ただ、期間限定やキャンペーンとなっていることが多くなっていますので、時期によっては増額されないこともあります。

 

うまく交換先を選べば、ポイント交換すれば金額増額されますので、利用しているギフト券があれば積極的にポイント交換先に選ぶのがおすすめとなっています。

電子マネーに交換

電子マネーで用意されている交換先としては、

  • 楽天Edy
  • BitCash
  • WebMoney

以上の電子マネーに交換が可能となっています。ただ、交換手数料がかかる交換先もありますので、無料~100円の交換手数料がかかります。

交換先 最低交換ポイント 交換手数料 交換期間
楽天Edy 1000ポイント(100円) 100円 7日
BitCash 5000ポイント(500円) 無料 7日
WebMoney 5000ポイント(500円) 50円 7日

使い勝手のいい電子マネーとしては、楽天Edyかなとは思いますが、交換手数料がかかってきますので、この点はやや交換するには微妙なのかと感じます。

 

また、交換できる電子マネーの選択したがそこまで多くないといったことでも、使っている電子マネーがないといった可能性も高い交換先なのではと思います。

提携ポイントに交換

提携ポイントの交換先としては、

  • dポイント
  • 楽天ポイント
  • LINEポイント
  • Pontaポイント
  • 三井住友カード(Vポイント)
  • Tポイント
  • WAONポイント
  • nanacoポイント
  • ヤマダポイント
  • リクルートポイント
  • nimoca
  • ちょコムポイント
  • ワールドプレゼントポイント

提携ポイントへの交換は、豊富に用意されています。ただ、交換先によっては交換手数料が結構かかる交換先もありますので、考えて交換する必要があります。

交換先 最低交換ポイント 交換手数料 交換期間
dポイント 100ポイント(=10ポイント) 無料 リアルタイム~数時間
楽天ポイント 1000ポイント(=100ポイント) 400円 2日
LINEポイント 110ポイント(=10ポイント) 無料 2日~3日
Pontaポイント 1100ポイント(=100ポイント) 無料 3日
Vポイント 1000ポイント(=100ポイント) 無料 25日~55日
Tポイント 1000ポイント(=100ポイント) 50円 リアルタイム
WAONポイント 1000ポイント(=90ポイント) 無料 リアルタイム~数時間

nanacoポイント

1000ポイント(=100ポイント) 50円 8日

ヤマダポイント

1000ポイント(=100ポイント) 無料 1日~40日

リクルートポイント

1000ポイント(=100ポイント) 50円 2日~3日

nimoca

1000ポイント(=100ポイント) 無料 15日~45日

ちょコムポイント

1000ポイント(=100ポイント) 50円 1日~40日

ワールドプレゼントポイント

1000ポイント(=20ポイント) 無料 25日~55日

提携ポイントについては、共通ポイントである「dポイント」「楽天ポイント」「Tポイント」「Pontaポイント」といった使いやすいポイントへの交換もすることができます。しかし、「楽天ポイント」と「Tポイント」に関しては交換手数料がかかりますので、交換手数料を考える方にはおすすめできない交換先となっています。また、「Pontaポイント」も交換ポイントを考えると実質100円ぐらいの手数料がかかっていることになります。

 

使いやすさであれば「dポイント」が一番使いやすいのではとなっています。dポイントへ交換しておけばd払いでも利用ができますので、QR決済を使っている方にはおすすめの交換先となっています。

マイレージに交換

マイレージへの交換先としては、

  • ANAマイル
  • JALマイル
  • スターフライヤーマイル
  • ANAスカイコイン

以上が交換先として用意されています。

交換先 最低交換ポイント 交換手数料 交換期間
ANAマイル 1000ポイント(30マイル) 無料 10日~50日
JALマイル 4000ポイント(100マイル) 無料 10日~50日
スターフライヤーマイル 2000ポイント(100マイル) 50円 7日~37日
ANAスカイコイン 1000ポイント(100コイン) 50円 2日~3日

主要マイルへの交換が可能となっています。マイルを中心に貯めている方には、おすすめの交換先とはなっています。ただ、マイルへの交換率はそこまで高くはなっていないので、ここは交換の先にはしっかりとほかの交換先との比較で効率がいい交換先かは検討する必要があります。

仮想通貨に交換

仮想通貨への交換については、

  • bitcoin

への交換のみとなっています。

交換先 最低交換ポイント 交換手数料 交換期間
bitcoin

5000ポイント

無料 リアルタイム

仮想通貨への交換は、1種類のみでその時の時価となってます。アンケートサイトでアンケートモニターをして貯めたポイントを仮想通貨として交換しておくことも一つの方法ではあると思います。

 

普通にポイント交換を行ってもそれほどの金額にならないから、仮想通貨にしておいて大化けを狙っていくのもいい方法ではあります。

その他交換先

その他の交換先としては、

  • 商品
  • 募金

といった交換先も用意されています。

 

商品に関しては、ポイントに応じて様々な商品が用意されていますので、最低交換ポイントについては商品次第といった感じになっています。

 

募金は、1ポイントが1円という形で募金が行われます。

 

商品・募金に関しては交換手数料はともに無料となっています。

どこへの交換がお得なのか?


個人的な見解にはなりますが、PeXに関しては交換先は豊富にはありますが、手数料がかかる交換先も多くなっています。

 

PeXからの交換としては、ギフト券への交換が金額増額で交換手数料がかからない交換先が多くお得にはなっていっます。ただ、ギフト券の場合は使えるところが限定されますので、自分が使っていないところのギフト券ではあまり意味がないとも言えます。

 

現金については、交換先を選べば手数料が50円で済みますので、迷った場合は現金化の銀行振り込みでいいのでは思います。

 

ただ、使いやすく手数料がかからない交換先として「dポイント」が一番おすすめとはなっています。なぜなら、dポイントであればd払いのアプリで色々な店舗で決済が可能となっています。また、交換期間も「リアルタイム~数時間」ですので、使いたくなった時にすぐにポイント交換して利用することが可能となっています。

 

個人的な見解ですので、ポイント交換の際に参考にしていただければと思います。

まとめ


リサーチパネルで稼げる
リサーチパネル

リサーチパネルからのポイント交換に関しては、実質「PeX」からのポイント交換となっています。

 

PeXについては、交換先は豊富に用意されている反面、交換手数料がかかる交換先も多くなっています。

 

お得にポイント交換をするなら「ギフト券」、使いやすさを考えるなら「提携ポイント」、とりあえずなら現金化である「銀行振込」がおすすめとなっています。

 

リサーチパネルからのポイント交換はやや面倒に感じますが、グループ企業のサイトですのでリサーチパネルの登録情報からのリンクで登録ができますので、実はそれほど登録は面倒にはなっていません。

▲▲無料登録はこちらから▲▲